最近のQC雑感

久しぶりのブログ投稿。最近はQCのニュースが多くてなにを書くか迷う。毎朝Goolge Alert、Twitter, Linkedinでごっそりニュースが届く。最近はかなりの量となってきて何かテーマを決めないとまとまりがつかない。久しぶりの投稿で、テーマは最近のQC雑感。。。まあ、ぼちぼちやりまっさ。本当のことを言うとQC Algorithmやprogrammingをやっていてという言い訳。

QCWareという会社がある。一言でいえばQCのalgorithmを開発する会社で金融大手のGoldman Sac社などの大手企業と協業などしている。場所はシリコンバレーのど真ん中のPalo AltoでStanford 大学の近くだ。この周辺はよく走り回った。

そのほか、年一回12月に開催されているQ2Bコンファレンスは有名だ。筆者はこのコンファレンスを通じてQCWareを知ることになった。Q2Bとは何か、ここでQCWareが2021年のコンファレンスの紹介の部分を引用すると、

QCに関する以下を提供する。。。。業界をリードする講演者、実務家の知識共有、およびより深い意味を提供するネットワーキングの機会

https://q2b.qcware.com/

筆者のコメントを加えると登場する講演者はQCの分野で現実にビジネス、マーケテイング、技術を展開している会社からで、最新の情報をとる場所としては最高だ。なぜ、12月に開催されているQ2Bの話をいまするかと言うと、QCWareは主なsessionをビデオにおさめておりyoutubeで無料で提供して、2021年のQ2Bが数日前に掲載されたためだ。2020年までは、次の年の2月には掲載されていたので、今年はないのかなあと思っていたが、掲載されてほっとした。そのURLはここだ。多分時間がたてば、場所を移動されるとおもうので、その時はリンクを反映させる予定。

Q2BのYoutubeのビデオは2017年からあがっているが、最初の数年はQCの基礎的な話が多く、あまり応用とかビジネスの話はなくて、まだ市場が立ち上がってないという感じだった。2021年の内容はざっと見た感じでは、基礎的な話は殆どなくて、応用、ビジネス、投資などの内容が圧倒的に増えた感じだ。さて、今後はここをネタにblogを復活させる。

最後に筆者が書いた記事がInterfaceの2022年6月号(Pythonで体験!量子コンピュータ PP29)に掲載されたので、ご興味のある方はどうぞ。目次はここで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。